日本発の国産マッコリ きぬさら

ひのや おすすめ お酒

 

日本発の国産マッコリ きぬさら

 

先日、株式会社オファードの南社長より、日本国内で作ったマッコリきぬさらのご紹介をしていただきました。

左側が南社長です。

https://kinusara.jp/

きぬさら 500ml ¥800(税別)

https://www.amazon.co.jp/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%89-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%93%E3%82%8A-%E3%81%8D%E3%81%AC%E3%81%95%E3%82%89-500ml-4%E6%9C%AC/dp/B01K1MS47C/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1479356486&sr=8-1&keywords=%E3%81%8D%E3%81%AC%E3%81%95%E3%82%89&th=1

 

南社長は数年前に新規プロジェクトとして、社員を韓国に派遣してマッコリの製造技術を勉強させにいったそうです。会社命令でマッコリの製造を勉強させるなんて、かかる費用と時間考えたら躊躇しそうですが、そこは南社長、気合はいりまくりです。

当の社員さんは韓国で語学学校からはじまり、料理学校に通い、苦労に苦労を重ねて韓国伝統のお酒マッコリの作り方を勉強したそうです。

そのへんの詳しい経緯はきぬさら杜氏物語としてwebサイトにのっていますが、もっと詳しいきぬさらパンフレットもあります。

こちらのほうはきぬさらが出来上がるまでのお話がマンガ形式で読めるので、試飲しながら読むと作り手の苦労が伝わって、さらにきぬさらマッコリが美味しく感じちゃいます。

 

テイスティング

いざ、テイスティング

うーん、炭酸感が強い。

乳酸菌を飲んでるような感覚、 健康に良さそうーー

わかりやすく例えるなら、高級なカルピスソーダに近い感覚。

 

「どぶろく(にごり酒)」と韓国の伝統酒「マッコリ」の違い

南社長にどぶろくとの違いを聞いたところ

 

マッコリ

賞味期限:製造日より8ヶ月くらい(これ以上経つと酸味が強くなってしまうそうです)

 

どぶろく

長くて20日位(日持ちしないなー、だからうちの会社でも取り扱ったことがないのか汗)

どんどん、酸味が増しすっぱくなる

 

どぶろくアルコール度数が10%超えている

マッコリ アルコール度数7%位 なので飲みやすい

とのことです。

 

マッコリ飲み比べ対決

きぬさらと韓国産マッコリの飲み比べもやりました。

↓ 大手韓国メーカーのマッコリです。

 

韓国産マッコリはなんというか、小麦感があります。比較すると、ドロッとしている印象

炭酸もきぬさらのほうが強めです。

 

違いを表現するなら

きぬさら:女性のような優雅な印象のお酒

韓国産マッコリ:男くさい、武骨な印象、1本約¥500とリーズナブル

 

おススメとしては

高級すっぽん料理にはきぬさら(女性には特におススメです)

大人数での焼肉にはジンロマッコリ

それぞれのシーンに合わせて美味しく飲めます。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00LF3B3WA/ref=ox_sc_act_title_1?smid=A12IVNS5449ZX9&psc=1

 

いろんなマッコリ取り扱っております。

お問合せお待ちしております。